基本ポジション

一発後傾改善!なかなか後傾が改善できないスキーヤーはこれでなおせ!!

基本ポジション

多くの初心者・中級者スキーヤーが悩まされる後傾ですが、ポイントは足首の前傾とは違う新しい視点での改善方法が重要です。ポイントは踵。あなたは踵を意識して滑っていますか?

 

スキーでの後傾の原因

後傾になるのはターンしていくときにスキーに置いて行かれてしまうというのがありますが、スキーはそもそも足元が動いていくスポーツなので、ポジションを安定させること自体が難しいスポーツです。

そんなスポーツなので、前後左右にポジションを崩されるのは当たり前で、スキーが先に滑ってしまって自分が置いて行かれてしまうというのはよくあることです。

なので、まずはスキーヤー自身が後傾にならないためにどんなポジションで滑る必要があるのかを理解していないと改善することはできません。

 

スキーで大事な重心移動という意識

常に足元(スキー)が動くスポーツのため、そのスキーに自分自身の重心を遅れないようにして行かなければいけませんが、ではどうして重心が遅れてしまうのかというと、スキーヤーはどうしても斜面に対してではなく地球に対して垂直に立とうとしてしまいます。

スキー場で滑っているときをイメージしてみてください。あなたはゲレンデでコース脇に生えている木と同じように斜面に立っていませんか?

もう少し分かりやすくしましょう。コースで止まっている時と同じ姿勢で滑ろうとしてしまっていませんか?

 

これでは、滑り出した時に斜面に対して自分よりもスキーの方が前にあるのは当然で、スキーの方が先に滑り出してしまいます。

 

スキーを自転車に例えた時の前傾ポジション

急な下り坂を自転車に乗って降っている時をイメージしてみてください。

下り坂に入ると自転車が前傾するのと同じように、乗っている人も前傾しますよね?道路脇に生えている木よりも自分が傾いているのがわかるはずです。

スキーも同じで、本来斜面を滑っていく時には斜面に合わせてスキーヤーは前傾しなければいけないのですが、どうしてもスピードを抑えようとしすぎてしまったり、足元が滑るのが怖くて体が引けてしまったりするんです。

 

それでも、やはりスキー上達のためには前傾するしかありません。ただ、その前傾ポジションを作るためのポイントがあります。

 

スキーブーツの中で踵を引くという意識

前傾ポジションを作ろうとするとどうしても上体を前に被せがちですが、それは多くの人がやってうまくいく人もいればいかない人もいる改善方法です。

 

今回紹介する踵を引くという動きですが、僕自身がいろんな方をレッスンする中で経験として掴んできた理論と改善方法です。

 

では、上体を前傾させていく動きとどう違うのかというと、

上体を前傾させる = 足元支点で上が前に移動して前傾を作る

踵を引く = 頭支点で足元が後ろに下がることで前傾を作る

 

どうでしょうか?

実際に動きを見なくても想像力豊かな皆さんならもうわかるはずです。

 

斜面に対して前に移動して前傾ポジションを作ろうとするのはなかなか勇気もいりますし、タイミングが合わなかったら逆にスピードが出てしまいそうです。

しかし、上体や頭の位置を変えずに踵を引いて足元を動かすことで前傾ポジションを作ると、スキーが自分より前に滑ってしまうのを抑えるという動きが一つ入るという大きなポイントが見えてくると思います。

 

そしてスキーが自分より前に滑ってしまうのを抑えるということができると、スキーに対して前傾のポジションを維持するということがすごくやりやすくなることがイメージできると思います。

 

実際にレッスンで試してみた結果

今シーズンも沢山の方のレッスンをしてきましたが、僕のレッスンを受講された方でなかなか後傾を改善することができないという人に試してみたところ、ものの1時間で感覚を掴んで、中斜面でも急斜面でも安定して滑ることができるようになりました。

レッスン終わってからもお客さんは感激しており、今までにない支点でスキーに対して真ん中に乗る・センターポジションに乗るということがどういうことかわかるようになりました。と感想をいただきました。

また、オンラインスクールに参加している方からは、長年ずっと後傾が改善できなかったのが、この感覚を掴んだことですごくいいポジションで恐怖心なく滑ることができるようになりましたし、夫からも今までと全然ポジションが違うよ!板に乗れてる感じ!と言ってもらえました。とコメントをもらっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

後傾がなかなか抜けない人ってすごく多いと思いますが、レッスンでもほとんどの指導者が上体を前にとか、もっと谷に体を落としてとかそんなアドバイスが多いと思います。

そうは言っても足元がちゃんとしたポジションの感覚がなければ、いくら前に行こうとしたって無理なんですよね。

 

って、僕が言わなくても皆さんそう思っていると思います。

もっと外足にちゃんと乗らなきゃダメだとか、内足に乗ってるから滑れないんだとか、じゃあそのためにどんなことをやればいいの?って話ですよね。

そういうことを教えられずに言いたいことを言うだけのインストラクターがどれだけ多いことか・・・

 

もう皆さん疲れてしまったと思います。

 

でも、今回の踵を引くという動作はイメージできますよね?ターンに入る前に、まずは踵を後ろに引いて、それからスキーを回し始めればいいんです。

 

回してから、もしくは回しながら踵を引くのではなく、踵を引いてスキーを回せるポジションを作ってからスキーを回すんです。

 

優先順位を間違えないように試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました